焦らず対応

操作ミスをしてしまった、パソコンを落としてしまった、ソフトを入れたらエラーが起きてしまった……などの理由により、パソコンのハードディスク内のデータが消えてしまうことがあります。パソコンは精密機械である分丈夫に作られてはいますが、万全な対策が施されているわけではありません。
そうなったとき、消えてしまったデータは諦めなければならないのかというと、そうではありません。一見してデータが消えてしまったようでも、ゴミ箱の中にないのだとしても、ハードディスク内にはデータがしっかり残っています。これを抽出し、データ復旧を行ってくれる業者が存在するので、そちらを頼るといいでしょう。

もしパソコン内のデータが消えてしまったら、すぐさまデータ復旧業者へ持って行きましょう。
もしかしたらどうにかして復活するんじゃないかと、あれこれいじってしまうのは一番やってはいけないことです。正しい対策を取れば問題ないですが、知識なく操作を繰り返してしまうと、かえって症状を悪化させてしまう場合もあるからです。
特に一番やってはいけないことは、再起動を繰り返すことです。パソコンのちょっとした不具合は再起動で直ることがままありますが、データ復旧に関しては逆効果ですので、シャットダウンだけして、最寄りのデータ復旧業者へ持ち込みましょう。
事前に近くの業者、あるいは信頼できそうな業者を調べておくと、いざデータが消えたとなったときに安心です。